特急

JR西日本西なびグリーンパスの乗り放題範囲や使い方、注意点を解説します。1人利用可能でJR西日本管内の新幹線や特急に1日10,000円~で乗り放題!

(2021年11月17日作成)

JR西日本管内「JR西日本西なびグリーンパス」を解説します。

満50歳以上の方がJR西日本管内のグリーン車を乗り放題で利用できるきっぷです。

大阪から岡山、福井などへの往復でも元がとれます。

1人で利用できる乗り放題のきっぷで使いやすいです。

加えてレンタカー特典や沿線各地のお店、観光施設での特典もあります。

ここでは「JR西日本西なびグリーンパス」とはどんなきっぷか、紹介して行きます。

JR西日本西なびグリーンパスはこんなにお得

JR西日本関西どこでもきっぷは関西地区とする旅行で大変お得です。

JR西日本西なびグリーンパスで西日本エリアがお得

大阪からの普通車利用往復価格と西なびグリーンパスと比較します。

区間 通常価格

(普通車指定席)

西なびグリーンパス

(2名以上)

(3日用) (5日用)
大阪~博多 31,200円 25,000円 30,000円
大阪~糸魚川 21,880円 25,000円 30,000円
広島~新宮 31,300円 25,000円 30,000円

JR西日本西なびグリーンパスとは

西なびグリーンパスは2022年3月31日(水)まで利用できるJR西日本エリアの乗り放題切符です。

利用開始日に50歳以上の方が利用できます。

きっぷの概要

JR西日本西なびグリーンパスはJR西日本エリアが乗り放題になるきっぷです。

(智頭急行線を含みます)

グリーン車または普通車指定席が8回まで利用できます。

普通車自由席は新幹線、特急を含め乗り放題です。

利用するには次のルールがあります。

・50歳以上(利用開始時点における満年齢)の方に限り購入、利用できます

・利用開始日の1か月前10時から7日前までに購入

・旅行会社(JR西日本管内、福岡県、佐賀県)かJR西日本のみどりの窓口で購入

(ネット予約e5489やみどりの券売機では発売していない)

・1名から利用可能

・グリーン車、普通車指定席は8回まで指定可能

(9回目以上は自由席を利用)

きっぷの種類と値段

西なびグリーンパスじは3日間用、5日間用があります。

また、1人利用と2人以上利用で値段が異なります。

1人用 2人以上用
3日間用 30,000円 25,000円
5日間用 35,000円 30,000円

乗り放題となるエリア

西なびグリーンパスはJR西日本全線が乗り放題となります。

西は山陽新幹線で博多まで、北陸は新幹線の上越妙高まで、紀伊半島も新宮まで乗り放題です。

エリア図は以下の通りです。

(JR西日本HPより)

きっぷの発売箇所

JR西日本西なびグリーンパスはJR西日本管内および福岡県・佐賀県の旅行会社、JR西日本のみどりの窓口で発売しています。

ネット予約「e5489」や駅の「みどりの券売機」では販売していません。

レンタカーや観光施設、飲食店の割引

駅レンタカー

「JR西日本西なびグリーンパス」を購入すると、駅レンタカーが割引になります。

1日3,900円で利用可能です。

JR西日本西なびグリーンパス乗り放題エリアにある駅レンタカー営業所で利用可能です。

きっぷを購入の上、駅レンタカーを事前に予約して利用します。

詳しくは切符購入時に渡される案内をご覧ください。

観光施設や飲食店で割引

「JR西日本西なびグリーンパス」の提示で地元の観光施設の入場料や飲食店で割引があります。

割引の店舗の詳細はこちらをご覧ください。

西なびグリーンパスでお得な施設の一覧

JR西日本西なびグリーンパスで乗車できる主な列車

新幹線、特急列車

新幹線「のぞみ」、「ひかり」、「こだま

九州新幹線:「みずほ」、「さくら

関西~北陸:特急「サンダーバード

関西~和歌山:特急「くろしお

関西~山陰:特急「きのさき」、特急「はしだて」、特急「まいづる」、関空特急「はるか」、特急「スーパーはくと

岡山~山陰:特急「スーパーいなば

観光列車

関西~和歌山:「パンダくろしお

北陸:特急「花嫁のれん」、快速「べるもんた」

瀬戸内:観光列車「La Malle de Bois〜ラマルドボア」、観光列車「etSETOra

山陰地区:快速「あめつち」、「奥出雲おろち号」

山口地区:快速「SLやまぐち」、快速「○○のはなし」

まとめ

JR西日本西なびグリーンパスは使い勝手もよく大変お得なきっぷです。

今回の記事が皆様のお得に旅行ができる一助になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。