特急

名鉄空港特急ミュースカイの停車駅や車内設備、座席、運賃を解説します。30分間隔で運行するセントレア、中部国際空港へのアクセス【乗車記】

(2020年11月6日作成)

 

中部国際空港、セントレアのアクセスとして最も便利なのが名鉄の「セントレア」です。

全車特別車で専用車両で運行しています。

ここでは「ミュースカイ」の車両編成や車内の解説していきます。

ミュースカイの車両と編成

使用車両

ミュースカイは専用の2000系車両で運行しています。

2000系は2004年(平成16年)に誕生しました。

2005年(平成17年)のミュースカイの運行開始以来、専用車両として活躍を続けています。

名鉄 ミュースカイ 2000系

編成

ミュースカイは主に4両編成で運行しています。

朝夕など一部の列車は8両編成で運行しています。

新鵜沼、新可児発着を分割併合する列車は、犬山~中部国際空港間を8両編成で運行します。

ミュースカイの車内設備

ミュースカイの車内と座席

ミュースカイは全車特別車両です。

車内は転換クロスシートが並びます。

名鉄 ミュースカイ 2000系 車内

座席はリクライニングシートです。

大型のテーブルもあります。

名鉄 ミュースカイ 2000系 座席

車いす固定座席

2号車には車いす固定座席があります。

名鉄 ミュースカイ 2000系 車いす固定座席

荷物置き場

各車両の端には荷物置き場あります。

大型のスーツケースにも対応しています。

名鉄 ミュースカイ 2000系 荷物置き場

お手洗い、トイレ等

2号車には多目的お手洗い、トイレがあります。

扉の幅が広い多目的お手洗い、トイレです。

名鉄 ミュースカイ 2000系 多目的お手洗い 多目的トイレ

ベビーベッドも設置されています。

名鉄 ミュースカイ 2000系 多目的お手洗い 多目的トイレ

洗面台

お手洗い、トイレの前には洗面台があります。

車両の内装にあわせた淡いブルー系の洗面台です。

名鉄 ミュースカイ 2000系 多目的お手洗い 多目的トイレ 洗面台

ミュースカイの停車駅や運賃、所要時間と運行間隔など

ミュースカイの停車駅

ミュースカイの停車駅は次の通りです。

【三柿野~新鵜沼~中部国際空港】

(三柿野)=新鵜沼=犬山遊園=犬山=(栢森)=江南=岩倉=名鉄名古屋=金山=神宮前=(太田川)=(尾張横須賀)=(朝倉)=(新舞子)=(常滑)=中部国際空港

【新可児~犬山~中部国際空港】

新可児=日本ライン今渡=可児川=西可児=犬山=(栢森)=江南=岩倉=名鉄名古屋=金山=神宮前=(太田川)=(尾張横須賀)=(朝倉)=(新舞子)=(常滑)=中部国際空港

【名鉄岐阜~中部国際空港】

名鉄岐阜=名鉄一宮=国府宮=名鉄名古屋=金山=神宮前=(太田川)=(尾張横須賀)=(朝倉)=(新舞子)=(常滑)=中部国際空港

・常滑、新舞子、朝倉、尾張横須賀、太田川には朝時間帯の中部国際空港発の一部列車が停車

・栢森は平日夜の犬山方面行き1本のみが停車

ミュースカイの所要時間と運賃

ミュースカイには通常の切符やICカードにくわえ特別車両券が必要です。

新快速の所要時間と運賃を表に示します。

(ミュースカイ特別車料金360円を含む)

新鵜沼 530円 980円 1,730円
新可児 770円 1,240円 1,890円
5分 20分 犬山 930円 1,730円
名鉄岐阜 930円 1,730円
30分 45分 25分 30分 名鉄名古屋 1,250円
1時間10分 1時間20分 1時間 1時間 30分 中部国際空港

ミュースカイの運行間隔

ミュースカイの運行間隔は次の通りです。

昼間:新鵜沼~中部国際空港、名鉄名古屋~中部国際空港、1本/1時間づつ

朝夕:中部国際空港~新鵜沼/新可児、中部国際空港~名鉄岐阜、1本/1時間づつ

新型コロナウィルス感染拡大による影響のため、昼間の列車が運休しています。

情報はこちらをご覧ください。

ミュースカイの一部運休について

ミュースカイと競合する交通機関の比較

ミュースカイと同じ区間を運行する交通機関は空港リムジンバスと名鉄空港線特急(一部特別車)と空港リムジンバスがあります。

各交通機関との比較を記載します。

名古屋~中部国際空港の交通機関の比較

運賃 所要時間 運行本数
ミュースカイ 1,250円 約30分 30分間隔
名鉄空港線特急 890円~1,250円 約40分 30分間隔
空港バス 1,350円 約1時間25分 1日4往復

交通機関の各区間の解説

名鉄空港線特急

名古屋駅からと一部特別車の特急も運行しています。

運賃 所要時間 運行本数
名古屋~中部国際空港 890円~1,250円 約40分 30分間隔

空港リムジンバス

名古屋駅から栄経由でリムジンバスが運行しています。

運賃 所要時間 運行本数
名古屋駅~中部国際空港 1,300円 1時間25分 1日4往復

空港リムジンバスのページ

ミュースカイから乗り換えできる列車

名鉄岐阜駅

特急「ひだ」、特急「しらさぎ

JR快速、新快速、特別快速

名鉄一宮駅

特急「ひだ」、特急「しらさぎ

JR快速、新快速、特別快速

新鵜沼駅

特急「ひだ

名鉄名古屋駅

名鉄名古屋本線特急、、名鉄犬山線特急、名鉄河和線、知多新線特急

新幹線「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」

特急「しなの」、特急「ひだ」、特急「南紀」、特急「しらさぎ」、快速「みえ

JR快速、新快速、特別快速

近鉄特急(ひのとりしまかぜアーバンライナー伊勢志摩ライナー、名阪特急、名伊特急)

金山駅

名鉄名古屋本線特急

特急「ひだ」、特急「しらさぎ

JR快速、新快速、特別快速

神宮前駅

名鉄名古屋本線特急

ミュースカイとは

ミュースカイは2005年(平成17年)に運行を開始しました。

運行開始当初は新鵜沼~中部国際空港、名鉄岐阜~中部国際空港の2系統で運行していましたが、現在は名鉄岐阜系統は名鉄名古屋~中部国際空港に短縮されています。

名鉄岐阜系統は朝夕のみ運行しています。

また、当初から朝夕は広見線に直通して新可児まで運行しています。

新可児直通列車は犬山で新鵜沼発着の列車と分割併合しています。

車両は専用の2000系が運行開始当初から使用されています。

運行開始当初は3両編成でしたが、現在は4両編成に増結されています。

2編成増結の8両編成の列車も多数運行されています。

ミュースカイの関連商品

 

まとめ

・ミュースカイは名鉄岐阜・新鵜沼・新可児~中部国際空港間で運行している

・専用の2000系車両で運行している

・全車特別車で、乗車にはミューチケットを購入すれば乗車できる

 

最後までお読みいただきありがとうございました。