特急

特急かわせみやませみの車両、座席、車内設備、車内販売などについて解説。災害前は熊本と人吉を結び、現在は期間限定で博多~門司港間で運行【乗車記】

特急かわせみやませみ

(2020年10月16日作成)

 

熊本から肥薩線を通り人吉まで結ぶ特急「かわせみやませみ」について解説します。

(2020年7月の熊本豪雨災害に伴い特急「かわせみやませみ」の熊本~人吉間は運休しています)

(2020年11月までの土日祝日は博多~門司港間で「いさぶろう・しんぺい」と連結して臨時列車として運行しています。)

ベンチシートや車窓を眺めるカウンターなど乗って楽しい仕掛けが満載で、車内販売もあります。

この記事では特急「かわせみやませみ」の車両、座席、車内設備、お手洗いなどを解説します。

特急やませみかわせみの車両と編成

使用車両

特急「かわせみやませみ」はキハ47系を改造した専用車両で運行します。

改造にあたっては車両デザインは水戸岡鋭治氏が担当しています。

1号車の「かわせみ」キハ47 8087です。

光沢のある青色の車体です。

ドアは1か所が撤去されて片側1か所です。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ キハ47 8087

2号車の「やませみ」キハ47 9051です。

こちらは緑の車体です。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ キハ47 9051

編成

特急「かわせみやませみ」の編成です。

(現在は豪雨災害のため運休しており下の編成とは異なります)

「かわせみやませみ」の1号、2号は2号車の「やませみ」が自由席になります。

その他は指定席です。

3号~6号はすべて指定席です。

増結や予備車両使用時は変更される場合があります。

特急かわせみやませみ 編成図

特急「かわせみやませみ」の座席表です。

★印は窓のない席、※印は進行方向によっては窓が小さくなります。

ソファー席やカウンター席、ベンチシートはJR九州ネット予約では予約できないのでみどりの窓口で予約してください。

(現在の博多~門司港間運行時はベンチシートは指定できません)

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ 座席表

特急やませみかわせみの車内設備

1号車 かわせみの車内

かわせみの座席

1号車かわせみの車内です。

人吉方は車体と同じ青色のシートが並びます。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 車内

座席はリクライニングや回転することができます。

ターブルはひじ掛けの下にあります。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 座席

かわせみのボックスシートとカウンター

中央部にはボックスシートとカウンターがあります。

カウンターは両側にあり左右に並行する球磨川の景色を楽しむことができます。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 車内 特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ カウンター

子どもが座りやすいように作られたカウンターの座席もあります。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ カウンター キッズチェア

展望コーナー

お手洗いの前には展望コーナーがあります。

子どもも見やすいように台があります。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 展望コーナー

2号車 やませみの車内

やませみの座席

やませみの車内も車体と同じ緑を基調とした座席が並びます。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ 車内

熊本方は緑系の座席です。

リクライニングシートでテーブルはひじ掛けの下にあります。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ 座席

ベンチシートとカウンターシート、ソファー

中央部にはベンチシートとカウンターがあります。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ ベンチシート 特急かわせみやませみ 2号車 やませみ カウンター

やませみの熊本方にはソファ席があります。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ ソファ席

グループ旅行にありがたいテーブル席もあります。

ビュッフェで購入したお弁当や飲み物をいただきながら楽しめます。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ テーブル席ビュッフェの前にはショーケースがあり、地域の工芸品などが飾られ見ていて癒されます。

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ ショーケース

お手洗い、トイレ

1号車にはお手洗い、トイレがあります。

車いすの方も利用できる多目的お手洗いです。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 多目的お手洗い

おむつ交換台もある多目的お手洗いです。

特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 多目的お手洗い 特急かわせみやませみ 1号車 かわせみ 多目的お手洗い

特急かわせみやませみのおすすめ座席

球磨川は両方の座席で見ることができますが、長い時間みることができるのは人吉に向かって左側の座席です。

A席、B席を確保すると左側の座席となります。

(1号車のボックス席と2号車のテーブル席を除きます)

特急かわせみやませみ 球磨川

特急かわせみやませみの車内販売

特急「かわせみやませみ」では駅弁や地元の特産品、オリジナルグッズなどの車内販売を行っています。

(平日の1号、2号では車内販売を行っていません)

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ サービスコーナー

 

特急かわせみやませみ 2号車 やませみ サービスコーナー メニュー 特急かわせみやませみ 2号車 やませみ サービスコーナー 特急かわせみやませみ 2号車 やませみ サービスコーナー

主な商品の価格です。

(価格は消費税込みの値段です)

球磨の四季彩弁当と郷土料理つぼん汁セット(土日祝のみ):1,600円

(要予約、5日前までに駅弁引換券をJR九州のみどりの窓口で購入)

くまのスイーツボックス(土日祝の2号より):750円

くまの宝箱セット(土日祝の2号より):1,210円(焼酎1杯付)

くりりアイス:350円

球磨焼酎:410円

晩白柚サイダー:270円

クリアファイル(2枚組):530円、740円

球磨茶:270円、700円

手ぬぐいハンカチ:1,100円

ピンバッジ(2個セット):940円

立体キーホルダー:1個860円

 

特急かわせみやませみ 車内販売 特急かわせみやませみ 車内販売

特急かわせみやませみの運行路線、停車駅、運行時刻

11月末までの特急かわせみやませみの停車駅、運行区間、時刻

特急やませみかわせみは11月までの土日祝日で博多~門司港間で運行しています。

特急「いさぶろう・しんぺい」と併結して運行しています。

全車指定席での運行です。

運行区間、停車駅

停車駅は次の通りです。

博多=香椎=折尾=黒崎=小倉=門司=門司港

運行時刻

主な駅の発着時刻は次の通りです。

博多発 小倉発 門司発 門司港着
かわせみ やませみ92号

しんぺい92号

10:40 12:01 12:07 12:14

 

門司港発 門司発 小倉発 博多着
かわせみ やませみ91号

いさぶろう91号

15:21 15:35 15:50 17:12

車内販売

車内では応援企画として人吉、球磨地方の商品を販売しています。

球磨焼酎や球磨茶、くりり最中アイスなどを販売しています。

運賃、料金

指定席特急券込みの大人一人たりの運賃、料金は次の通りです。

博多~門司港:2,550円

博多~小倉:2,360円

通常の特急かわせみやませみの運行区間、停車駅

(2020年7月の熊本豪雨災害に伴い特急「かわせみやませみ」の熊本~人吉間は運休しています)

(2020年11月までの土日祝日は博多~門司港間で「いさぶろう・しんぺい」と連結して臨時列車として運行しています。)

特急かわせみやませみは熊本~人吉間で運行しています。

特急かわせみやませみの停車駅は次の通りです。

熊本=新八代=八代=坂本=白石=一勝地=渡=人吉

熊本~八代間は鹿児島本線、八代~人吉間は肥薩線を運行します。

通常の特急かわせみやませみの運行時刻

(2020年7月の熊本豪雨災害に伴い特急「かわせみやませみ」の熊本~人吉間は運休しています)

(2020年11月までの土日祝日は博多~門司港間で「いさぶろう・しんぺい」と連結して臨時列車として運行しています。)

特急「かわせみやませみ」の運行時刻表は次の通りです。

特急かわせみやませみの1号、2号は主に土日祝日や春休み・夏休みの期間中に運行されます。

駅名/番号 かわせみやませみ

1号

かわせみやませみ

3号

かわせみやませみ

5号

熊本 7:38発 11:24発 15:20発
新八代 8:05発 11:49発 15:45発
八代 8:10発 11:55発 15:51発
坂本 8:24発 12:08発 12:08発
一勝地 8:57発 12:40着

12:49発

16:44発
9:04発 12:57発 16:52発
人吉 9:12着 13:05着 17:00着

 

駅名/番号 かわせみやませみ

2号

かわせみやませみ

4号

かわせみやませみ

6号

人吉 9:30発 13:25発 17:24発
9:38発 13:33発 17:32発
一勝地 9:48発 13:40着

13:48発

17:40発
坂本 10:20発 14:19着

14:24発

18:11発
八代 10:33着 14:36着 18:24着
新八代 10:38着 14:42着 18:29着
熊本 11:04着 15:08着 18:56着

 

特急かわせみやませみの運賃、料金等

通常の運賃、料金

特急「かわせみやませみ」は乗車券と特急券を購入すると乗車できます。

「やませみベンチシート」を利用の場合は追加で210円が必要です。

特急「かわせみやませみ」の自由席は1号、2号の一部のあります。

その他の列車は全席指定席です。

主な区間の価格(乗車券、指定席特急券込み)は次のとおりです。

熊本~人吉:指定席3,330円

八代~人吉:指定席2,500円

特急かわせみやませみにお得にに安く乗るための割引きっぷ

特急かわせみやませみに利用できる割引きっぷはありません。

特急かわせみやませみと競合する交通機関との比較

特急かわせみやませみと競合する交通機関としては熊本~宮崎間を運行する高速バスなんぷう号があります。

なんぷう号は人吉ICに停車します。

熊本~人吉の交通機関の比較

価格 所要時間 運行本数
特急

かわせみやませみ

いさぶろうしんぺい

3,330円 1時間50分 1日3往復

(現在運休中)

高速バス

なんぷう号

2,220円 1時間50分 1日6往復

各交通機関の比較

高速バスなんぷう号

所要時間:約1時間50分

運賃:熊本駅~人吉IC 2,220円

運行本数:6往復(通常14往復、新型コロナウィルスによる影響で本数削減)

高速バスなんぷう号のページ

特急かわせみやませみにも乗れる!宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン

特急かわせみやませみから乗り換えられる列車

熊本駅

九州新幹線「みずほ」、「さくら」、「つばめ

特急「A列車で行こう

特急「あそぼーい!」、特急「九州横断特急」、特急「あそ」

新八代駅

九州新幹線「さくら」、「つばめ

人吉駅

D&S列車「いさぶろう・しんぺい

特急かわせみやませみとは

特急「かわせみやませみ」は2017年(平成29年)に運行を開始しました。

JR九州の「D&S」列車の一つです。

キハ47形の2両編成で、熊本~人吉間は特急となる「いさぶろう・しんぺい」と合わせて一日最大4往復の特急が運行されています。

特急「かわせみやませみ」の運行区間である熊本~人吉間は古くから優等列車が運行されていました。

1959年(昭和34年)には門司港~人吉間を結ぶ準急「くまがわ」が運行を開始します。

また同じ1959年に熊本~宮崎間を鹿児島本線・肥薩線・吉都線・日豊本線経由で運行する準急「えびの」が運行を開始します。

1965年(昭和40年)には熊本~西鹿児島(現在の鹿児島中央)間を肥薩線経由で運行する準急「やたけ」も運行を開始します。

1966年(昭和41年)には「くまがわ」、「えびの」、「やたけ」は急行列車に格上げされます。

1974年(昭和49年)には博多駅発着の「えびの」のうち1往復を特急「おおよど」に格上げして運行し、肥薩線に初めて特急列車が走りました。

1980年代になると合理化の波がやってきます。

1980年(昭和55年)には特急「おおよど」が運行終了。

1986年(昭和61年)には「やたけ」が廃止。

これ以後は「えびの」と「くまがわ」が残ることになります。

2000年(平成12年)には「えびの」を廃止して「くまがわ」が増発されます。

「くまがわ」は6往復となり、しばらくはもっとも本数の多い急行列車となります。

2004年(平成16年)の九州新幹線の新八代~鹿児島中央間の開業にともなうダイヤ改正で、「くまがわ」は特急に格上げされ、一部は豊肥本線の特急「あそ」と統合され「九州横断特急」となります。

熊本~人吉間は「くまがわ」と「九州横断特急」の2種類の特急が運行することになります。

また、このとき特急「はやとの風」も運行を開始します。

2016年(平成28年)には「くまがわ」と「九州横断特急」の熊本~人吉間が廃止され、快速列車5往復に格下げして運行されます。

1往復は「いさぶろう・しんぺい」を熊本まで延長して快速列車として運行しました。

熊本~人吉間から特急列車がなくなります。

そして2017年(平成29年)には快速列車のうち3往復を新たなD&S列車、特急「かわせみやませみ」として運行を開始します。

また、1往復は「いさぶろう・しんぺい」を熊本~人吉間は特急列車として運行しています。

特急かわせみやませみの関連商品

 

まとめ

・特急かわせみやませみは熊本と人吉を結ぶ特急列車

・2020年豪雨災害で肥薩線が被災したため運休中

・2020年11月までは博多~門司港間で運行している

・リクライニングシートの他カウンター、ベンチシート、ソファー、テーブル席など多彩な席がある。

・子供も楽しめるカウンターや展望スペースもある

 

最後までお読みいただきありがとうございました。