特急

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の停車駅、車内設備、座席、運賃を解説します。神戸三宮から尼崎、難波、生駒を経由して奈良まで結び観光にも日常利用も便利【乗車記】

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系

(2021年1月29日作成)

 

神戸三宮と奈良を阪神、近鉄奈良線経由で結ぶのが結ぶ阪神・近鉄直通の快速急行です。

神戸三宮から西宮、尼崎、大阪難波、生駒、西大寺を通り奈良まで直通します。

神戸三宮から乗り換えなしで奈良に行ける便利な列車です。

ここでは阪神・近鉄奈良線直通快速急行の車両、座席、運賃や競合交通機関について解説していきます。

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の車両と編成

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の使用車両

直通快速急行に使用される車両は次の通りです。

近鉄:9820系、9020系、5820系、5800系、1026系、1252系

阪神:1000系、9000系

阪神に直通しない近鉄の快速急行には8000系などの車両が使用されることがあります。

近鉄の9820系です。

2021年現在で近鉄の最新の通勤型車両です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄 9820系

阪神1000系です。

こちらも阪神の最新の車両です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系

近鉄で阪神線に乗り入れ対応している車両はこのシンボルマークがついています。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄 直通マーク

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の編成

近鉄線内、阪神なんば線内は6両編成、8両編成、10両編成で運行します。

平日昼間は6両編成、ラッシュ時は8両~10両編成、土休日は8両編成です。

阪神線内は平日は6両編成、土休日は8両編成で運行します。

尼崎駅で分割併合が頻繁に行われています。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の車内と座席

近鉄で最も車両数が多い9820系、9020系です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄9820系

グレーの座席で、端には仕切りがついています。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄9820系 車内 近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄9820系 座席

車両端部の優先座席はオレンジで区別されています。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄9820系 優先座席

近鉄の1026系車両です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄1026系

1026系の座席は赤色の座席です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄1026系 車内

優先座席はパープルの座席です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 近鉄1026系 優先座席

阪神の快速急行の主力1000系です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系

座席はグリーンの座席です。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系 車内

車両端部には優先座席とフリースペースが確保されています。

近鉄奈良線 阪神 直通快速急行 阪神1000系 優先座席

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の停車駅や所要時間と運行間隔など

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の停車駅

大阪難波~奈良間の近鉄快速急行・急行の所要時間は約37分~44分です。

近鉄快速急行の停車駅は次の通りです。

(新開地)=(高速神戸)=(西元町)=(元町)=神戸三宮=魚崎=(△芦屋)=西宮=▲今津=甲子園=▲武庫川=尼崎=西九条=九条=ドーム前=桜川=大阪難波=日本橋=大阪上本町=鶴橋=生駒=学園前=大和西大寺=新大宮=近鉄奈良

(新開地発は土日祝日の朝の奈良行き一部列車のみ、△芦屋は土日祝日は通過、▲今津、▲武庫川は平日昼間と土日祝日の列車が停車)

急行の停車駅

大阪難波=日本橋=大阪上本町=鶴橋=布施=石切=生駒=学園前=大和西大寺=新大宮=近鉄奈良

快速急行のほとんどの列車は阪神神戸三宮まで直通しています。

運行間隔は約10分~20分間隔です。

運賃は570円です。

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の所要時間と運賃

西宮 尼崎 大阪難波 生駒 近鉄奈良
神戸三宮 14~15分 25~26分 41~47分 64~70分 78~89分
西宮 270円 西宮 10~11分 26~32分 49~55分 65~73分
尼崎 290円 190円 尼崎 16~21分 28~39分 55~62分
大阪難波 410円 360円 330円 大阪難波 22~23分 39~41分
生駒 820円 770円 740円 410円 生駒 16~23分
近鉄奈良 980円 930円 900円 570円 300円 近鉄奈良

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の運行間隔

神戸三宮、奈良発とも平日朝ラッシュ時は約12分間隔、その他の時間帯は約20分間隔で運行しています。

阪神・近鉄奈良線直通快速急行と競合する交通機関の比較

近鉄奈良線、阪神直通快速急行と同じ区間を運行する交通機関はJR大和路快速JR新快速があります。

奈良駅は近鉄が奈良公園に近い町の中にあります。

難波駅はJRと近鉄が比較的近く、なんばの町から少し外れたところにあります

神戸三宮駅はJR、阪神、阪急の駅の間を徒歩5分ほどで行き来できます。

大和路快速と近鉄奈良線特急・快速急行・急行と比較します。

大阪(梅田)~奈良の交通機関の比較

運賃 所要時間 運行本数
JR大和路快速 810円 約51分~54分 15分間隔
近鉄特急

(梅田~なんば間は

御堂筋線利用)

1,320円 約50分~55分 平日朝晩、土休日60分
阪神、近鉄快速急行

(梅田~なんば間は

御堂筋線利用)

800円 約55分~60分 10~20分間隔

(近鉄奈良線急行含む)

難波~奈良の交通機関の比較

運賃 所要時間 運行本数
JR大和路快速

(新今宮乗り換え)

570円 約45分 15分間隔
近鉄特急 1,090円 約33分~39分 平日朝晩、土休日60分
阪神、近鉄快速急行 570円 約37分~44分 10~20分間隔

(近鉄奈良線急行含む)

三ノ宮~奈良の交通機関の比較

運賃 所要時間 運行本数
JR新快速、大和路快速

(新今宮乗り換え)

1,270円 約75分~85分 15分間隔
阪神、近鉄快速急行 980円 約78分~89分 20分間隔

交通機関の各区間の解説

JR大和路快速

大和路快速の停車駅は次の通りです。

大阪=福島=西九条=弁天町=大正=新今宮=天王寺=久宝寺=王寺=大和小泉=法隆寺=郡山=奈良=平城山=木津=加茂

(天王寺~鶴橋~京橋~大阪間は各駅停車、王寺から高田・五条方面に乗り入れる列車は王寺から各駅停車)

区間快速は次の駅に停車します。

天王寺=(環状線内各駅停車)=大阪=(環状線内各駅停車)=天王寺=久宝寺=王寺=(各駅停車)=加茂・高田・五条

大和路快速の所要時間

大阪〜奈良:約51分~54分

天王寺~奈良:約35分

大和路快速の運行間隔

大阪発

平日9時台~16時台まで30分間隔で運行しています。

土休日は7時台~20時台まで15分間隔で運行しています。

奈良発

平日は8時台~15時台まで15~30分間隔で運行しています。

土休日は6時台~19時台まで15~30分間隔で運行しています。

平日のラッシュ時と早朝、深夜時間帯は区間快速として運行しています。

昼間はおおむね15分間隔で運行しています。

運賃は次の通りです。

三ノ宮~奈良:1,270円

大阪~奈良:810円

JR難波~奈良:570円

大和路快速のページ

JR新快速

JRの新快速は米原から京都、大阪、三宮を経由して姫路方面まで向かいます。

JR新快速の大阪~三宮間の所要時間は21分です。

新快速の停車駅は次の通りです。

敦賀・近江塩津=(各駅停車)米原=彦根=能登川=近江八幡=野洲=守山草津=南草津=石山=大津=山科=京都=高槻=新大阪=大阪=尼崎=芦屋=三ノ宮=神戸=明石=西明石=加古川=姫路=(各駅停車)=網干・上郡・播州赤穂

新快速の京都~大阪~姫路間の運行間隔はラッシュ時と早朝、深夜以外は終日ほぼ15分間隔で運行しています。

運賃は大阪~京都間で410円です。

JR新快速のページ

近鉄特急

大阪難波~奈良間の近鉄特急の所要時間は約33分~39分です。

近鉄特急の停車駅は次の通りです。

大阪難波=大阪上本町=鶴橋=生駒=大和西大寺=近鉄奈良

運行間隔は次の通りです。

平日は朝と夕方17時以降の運転。

土休日は昼以降60分間隔の運転。

運賃・料金は1,090円です。

近鉄特急によく乗る場合はネット予約がお得です。

特急料金の10%がポイントでもらえて、貯まったポイントで特急券を購入できます。

実質10%引きになりお得です。

近鉄特急 時刻表

阪神・近鉄奈良線直通快速急行から乗り換えできる列車

神戸三宮駅

阪神山陽直通特急

尼崎駅

阪神山陽直通特急

大阪難波駅

近鉄特急(名阪特急、名伊特急(ひのとりしまかぜビスタカー伊勢志摩ライナーアーバンライナー等))

南海空港特急「ラピート」、南海特急「サザン」、南海特急「こうや」、南海特急「りんかん」、南海特急「泉北ライナー」、南海空港急行

大阪上本町駅

近鉄特急(名阪特急、名伊特急(ひのとりしまかぜビスタカー伊勢志摩ライナーアーバンライナー等))

近鉄大阪線急行

鶴橋駅

近鉄特急(名阪特急、名伊特急(ひのとりしまかぜビスタカー伊勢志摩ライナーアーバンライナー等))

近鉄大阪線急行

大和西大寺駅

近鉄京都、橿原線特急近鉄京都線、橿原線急行

阪神・近鉄奈良線直通快速急行とは

阪神と近鉄奈良線を直通運行する快速急行は2009年(平成21年)の阪神なんば線の開業に伴い誕生しました。

阪神、近鉄奈良線とも直通以前から快速急行という種別はありました。

近鉄では昭和30年代、阪神では昭和50年代から設定された種別ですが、直通以前は阪神の快速急行は停車駅が大きく異なっていました。

設定当初の阪神快速急行は、西宮~三宮間無停車の時期もあり、特急よりも停車駅が少ない列車でした。

阪神なんば線開業直前の快速急行も芦屋や御影には停車せず、魚崎や岩屋に停車する列車でした。

なんば線開業後は近鉄は従来の快速急行をそのまま延伸、阪神は梅田~西宮間急行を延伸する形で停車駅が見直されました。

重複する急行は昼間は尼崎~西宮間で削減され、梅田~西宮間の列車と梅田~尼崎間の列車が交互に運転されるようになります。

また、御影駅はホームが急曲線となっているため近鉄の21m車両が停車するとホームの隙間が大きくなること、またホーム延伸も困難なことから快速急行は通過となっています。

近鉄の快速急行は朝ラッシュ時などは10両編成で運行していますが阪神は6両編成が基本となっています。

このため、尼崎駅での分割併合がラッシュ時を中心に頻繁に行われています。

2020年(令和2年)のダイヤ改正で土休日のほとんどの快速急行が阪神線内も含めて8両編成となりました。

芦屋駅についてはホーム両側に踏切があり8両編成に対応したホーム延伸が現状ではできないので、土休日については快速急行は芦屋駅は通過となります。

このため、西宮~神戸三宮間では快速急行が特急よりも停車駅が2駅少なくなりました。

阪神・近鉄奈良線直通快速急行の関連商品

 

まとめ

・阪神・近鉄奈良線直通快速急行は神戸三宮から尼崎、大阪難波、生駒を経由して近鉄奈良を結ぶ列車

・通勤型車両で主に運行しているが、一部にクロスシートの列車もある

・比較的新しい車両が多い

 

最後までお読みいただきありがとうございました。