新幹線

新幹線700系レールスターの車内、座席、お得な乗り方を解説します。主に山陽新幹線のこだまで運行して指定席が快適!【乗車記】

(2021年1月13日作成)

 

700系レールスターについて紹介します。

700系レールスターは現在は主に山陽新幹線のこだまで運行しています。

グリーン車並みの広々座席や半個室のコンパートメントなどが特徴です。

ここでは700系レールスターの車両、車内設備、座席などを解説します。

700系レールスターの車両と編成

700系レールスターの車両

700系レールスターは2000年(平成12年)に山陽新幹線のひかりで運行するための特別仕様で誕生しました。

塗装も東海道区間の700系とは異なり、グレーをベースにブラウンと黄色の帯が入った特別塗装です。

東海道新幹線の700系は引退しましたが、ひかりレールスターは現在もこだまを中心に運行しています。

新幹線 こだま号 700系 レールスター

先頭の形状は東海道区間の700系と同様に、カモノハシn形状です。

東海道区間の700系は引退しましたが、山陽新幹線区間ではまだ見ることができます。

新幹線 700系 レールスター

「ひかり」の文字は消えましたが、レールスターのロゴもまだ健在です。

新幹線 700系 レールスター

700系レールスターの編成

700系レールスターの編成図です。

基本は1~3、7,8号車が自由席、4~6号車が自由席です。

このほか、7,8号車が指定席の列車、普通車全車自由席の列車があります。

700系レールスターには喫煙ルームはありません。

こだま号 700系 レーススター 編成

700系レールスターの車内

700系レールスターの車内設備案内

車内設備の案内図です。

お手洗い、トイレは奇数号車にあり、7号車には多目的お手洗い、多目的トイレがあります。

車いすスペースは7号車にあります。

公衆電話は4号車、8号車にあります。

700系レールスターには喫煙ルームはありません。

1~3号車が2列+3列の座席で4~8号車が2列+2列の座席です。

8号車の東京方には半個室のコンパートメントがあります。

新幹線 700系 レールスター 車内設備案内

抗ウィルス加工

700系レールスターの車内は抗ウイルス加工処置を行っています。

新幹線 700系 レールスター 抗菌加工表示

普通車自由席

700系レールスターの1~3号車の自由席車の車内です。

2列+3列の座席が並びます。

700系レールスターでは7,8号車が自由席の列車があり。指定席の車両と同じ座席です。

700系の自由席車に乗車する場合は7,8号車がねらい目です。

新幹線 こだま号 700系 普通車 自由席 車内

青緑系の色の座席です。

新幹線 700系 レールスター 普通車 自由席 車内 新幹線 700系 レールスター 普通車 自由席 座席

普通車指定席

700系レールスターの4~8号車の車内です。

4~6号車は主に指定席です。

7,8号車も同じ2列+2列の座席ですが、自由席で運行する列車と指定席で運行する列車があります。

車内には2列+2列の座席が並びます。

新幹線 こだま号 700系 普通車 指定席 車内

シートの間隔は1~3号車よりも広いです。

新幹線 700系 レールスター 普通車 指定席 車内

前面にテーブルの他、ひじ掛けにはドリンクホルダーがついています。

ドリンクホルダーはひじ掛けから起こして固定して利用します。

新幹線 700系 レールスター 普通車 指定席 座席

4~8号車の端の座席には、大型テーブルとコンセントがあります。

大型テーブルはパソコン作業もしやすい広さです。

新幹線 700系 レールスター 普通車 指定席 端部座席

テーブルのそばにはコンセントがあります。

コンセントがあるのはこの4~8号車の端部の座席のみです。

新幹線 700系 レールスター 普通車 指定席 端部座席 テーブル コンセント 新幹線 700系 レールスター 普通車 指定席 端部座席 コンセント

コンパートメント座席

700系レールスターの8号車の東京方には4人1室のコンパートメントがあります。

コンパートメントは一部の列車以外では利用できません。

普段は締め切り扱いとなっています。

こだま 700系レールスター 8号車 個室

扉で仕切られ個室のようになります。

座席の回転はできませんが、座席も広く大型テーブルもありゆったりできます。

こだま 700系レールスター 8号車 個室

車いす対応座席

7号車には車いす対応の座席があります。

新幹線 700系 レールスター 普通車 車いす対応座席

座席には固定金具がついています。

新幹線 700系 レールスター 普通車 車いす対応座席 新幹線 700系 レールスター 普通車 車いす対応座席

特大荷物スペース

6号車(8号車が指定席の場合は8号車も)には特大荷物スペースつき座席が4席あります。

3辺の和が160㎝以上の荷物を持ち込む場合は、「特大荷物スペース付き座席」を予約すると持ち込みができます。

特大荷物スペース付き座席はベビーカーなど荷物置場を必要とする場合にも予約することができます。

(3辺の和が160㎝以下の荷物は荷物棚に収納できます)

新幹線 700系 レールスター 特大荷物スペース

特大荷物スペースは床面に青の表示で示されています。

新幹線 700系 レールスター 特大荷物スペース

お手洗い等

700系レールスターのお手洗い、トイレは奇数号車に設置しています。

多目的お手洗い、多目的トイレ

700系レールスターの7号車には多目的お手洗いがあります。

こだま 700系レールスター 多目的お手洗い 多目的トイレ

中は広く手すりも設置してあります。

こだま 700系レールスター 多目的お手洗い 多目的トイレ

お手洗い、トイレ

1,3,5号車のお手洗い、トイレです。があります。

ベビーベッドを備えているお手洗いもあります。

こだま 700系レールスター お手洗い トイレ こだま 700系レールスター お手洗い トイレ

こちらはベビーベッドがないタイプのお手洗い、トイレです。

新幹線 700系 レールスター お手洗い トイレ

洗面台

洗面台はお手洗い、トイレの前もしくは横にあります。

淡いワインレッドの色で高級感があります。

新幹線 700系 レールスター 洗面台 新幹線 700系 レールスター 洗面台

フリーWiFi

フリーWiFiも設置されています。

メールアドレスかSNSアカウント登録で利用できます。

新幹線 700系 レールスター フリーWiFi表示

公衆電話

700系レールスターには4、8号車に公衆電話があります。

新幹線 700系 レールスター 公衆電話

扉で仕切られ部屋のようになっているので、静かに電話ができます。

新幹線 700系 レールスター 公衆電話

喫煙ルーム

700系レールスターには喫煙室がありません。

喫煙車もないので700系レールスターの列車ではタバコは吸えません。

700系レールスターのおすすめ座席

快適な座席

山陽区間ではこだまの指定席は2列+2列の座席です。

グリーン車並みの広さの座席で快適に過ごせます。

指定席なので自由席に530円を追加すると乗車できます。

700系レールスターの7,8号車は自由席の列車がありますが、この車両も2列+2列です。

700系レールスターの自由席に乗車する場合は7,8号車を狙いましょう。

どの列車が500系、700系で運行しているかを調べるには、時刻表等に記載しているのですぐにわかります。

眺めのいい座席

700系レールスター指定席は「D席」を確保すると姫路駅付近で真っ白な姫路城を見ることができます。

そのほかの山陽新幹線区間ははトンネルが多いので車窓はあまり期待はできません。

700系レールスターの運行区間、運行列車

700系レールスターは山陽新幹線区間(新大阪~博多)で運行しています。

700系レールスターでする列車は次の通りです。

(該当列車には時刻表に700系で運行と記載されています。

・ごく一部のひかり

→ひかり号の解説はこちら

こだま

→こだま号の解説はこちら

700系レールスターの関連商品

 

700系レールスターとは

700系レールスターは2000年(平成12年)から運行を開始しました。
前年より運行していた標準型の700系を山陽新幹線区間の「ひかり」で運行するために専用設計で制作したものです。
指定席の広い座席、8号車の半個室コンパートメント、4号車の車内放送がないサイレンスカーなど8両編成とコンパクトな中にも工夫が詰まった車両です。
東海道新幹線と比べて山陽新幹線の京阪神~北九州、福岡間はどの都市も空港へのアクセスがよく航空会社がシェアを伸ばしていました。
JR西日本はこの区間のテコ入れ絵を図るために、0系を改造して普通車の座席を2列+2列に改良した「ウエストひかり」を投入して対抗していました。
1993年(平成5年)から山陽新幹線区間においても「のぞみ」の運行が本格的に始まると、「ウエストひかり」が「のzみ」を待避するため所要時間が伸びていきました。
スピードでは「のぞみ」にかなわないので、車内設備の辞意実を図り、当時最新の700系をベースに「レールスター」は生み出されました。
2000年(平成12年)から「ウエストひかり」に代わり「ひかりレールスター」として運行を開始しました。
運行当初は「インテリジェント・サルーン」と呼び名があり、ゆったり座席や静かな座席、グループにも対応したコンパートメントなど様々な需要を取り込み人気を得ました。
2011年(平成23年)には九州新幹線が博多まで開業して山陽新幹線と直通運転を開始しました。
「ひかりレールスター」は新たに山陽・九州新幹線直通用に設定された「さくら」と置き換わりましたが、「ひかりレールスター」で好評だった指定席の2列+2列の座席は引き継がれました。
以降はレールスターは「こだま」を中心に運行としていますが、ごく一部の「ひかり」ではレールスターの愛称で運行しています。

まとめ

・レールスターは主にこだまで運行している

・8両編成で4~8号車は2列+2列の座席

・通常は4~6号車が指定席で7,8号車は自由席で乗り得

・8号車には4人用のコンパートメント半個室座席があり、一部の列車で利用できる

・車内は全車禁煙で、喫煙室もなし

 

最後までお読みいただきありがとうございました。